スポンサーサイト

  • 2010.06.01 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


衣替え 「まだ少し寒い」…装いはもう夏 名古屋(毎日新聞)

 1日は衣替え。多くの学校や職場で夏服に替わる中、名古屋市千種区の愛知淑徳中学・高校では、真っ白な半袖に水色のスカーフのセーラー服に身を包んだ女子生徒たちが登校した。「まだ少し寒い」とカーディガンを羽織る姿もあった。

 名古屋地方気象台によると、1日の最低気温は▽名古屋16.2度▽津16.8度▽岐阜17.2度−−で、平年並みかやや低かった。先月下旬は天候不順で肌寒い日も多かったが、今週後半の最高気温は平年より高くなる見込み。【稲垣衆史】

【関連ニュース】
山岳遭難:千葉県浦安市の男性と連絡取れず 北アルプス
真夏日:群馬・館林で33.4度…全国102地点で記録
蜃気楼:富山湾で、肉眼でも鮮明 離れた風景水平線上に
降雨:東海地方、24日夕にかけ強い雨
真夏日:102地点で 群馬・館林で33.4度

レンタサイクルで自転車用ナビもお貸しします――オリックスレンタカー(Business Media 誠)
アジア大都市ネット 東京総会サイト開設(産経新聞)
首相動静(5月24日)(時事通信)
<口蹄疫>赤松農相が5月30日に2度目の宮崎入りへ (毎日新聞)
ロープウェーの間隔狭くて停止、50人閉じ込め(読売新聞)

米国防長官「普天間進展喜ばしい」…防衛相に(読売新聞)

 【ワシントン=白川義和、小川聡】北沢防衛相は25日午後(日本時間26日未明)、米国防総省でゲーツ国防長官と約40分間会談した。

 ゲーツ長官は沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題に関し、「まだ重要な作業が残っているが、これまでの進展は喜ばしい」と述べ、同県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部に移設するもともとの計画に近い案を日本側が認めたことで、日米が大筋合意に達したことを評価した。防衛相は代替施設の工法について、鳩山首相が「環境への配慮」を重視していることを伝えて理解を求め、工法の検討を続けることで一致した。

 普天間問題について、防衛相はさらに、沖縄県内にある米軍基地の訓練などの県外移転や米軍訓練水域の一部返還など、沖縄県側からの要望事項の実現を重ねて要請した。両氏は、28日に発表する予定の、日米の外務、防衛担当閣僚(2プラス2)による共同文書の最終調整を行った。

 また、会談では、韓国の哨戒艦が北朝鮮の魚雷で沈没した事件を受け、6月4〜6日にシンガポールで開かれるアジア安全保障会議にあわせて日米韓防衛相会談を開くことを決めた。防衛相は「北朝鮮の魚雷攻撃は許し難い。強く非難する」と述べた。長官は「日米韓が連携して統一した姿勢を示すことが重要だ」としたうえで、日本の対応に謝意を伝えた。

 このほか、東シナ海での活動を活発化させている中国海軍に関し、日米の情報交換や警戒監視を強化することでも一致した。

「本当に宇宙人と思われる」埼玉知事が首相批判(読売新聞)
大卒就職率91・8%、過去2番目の低さ(読売新聞)
日米合意に「辺野古」明記=普天間移設、28日正式発表(時事通信)
<陸山会事件>検察審査員「起訴相当」11人、7月末全員交代 議決時期も注目(毎日新聞)
<口蹄疫>大阪の高校生民泊受け入れず 北海道・十勝(毎日新聞)

輿石氏「タコは逆風のほうが高く揚がる」 小沢氏、来週から全国遊説スタート(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は10日夜、都内で開かれた参院選に向けた党秘書会の総決起大会であいさつし、「参院選まであとわずかだ。ぶつぶついったところで選挙は勝たなきゃいけない。私も来週あたりから全国あちこち飛び歩きたい」と述べ、全国遊説に乗り出す考えを表明した。輿石東参院議員会長は内閣や政党の支持率が下がり続けていることを念頭に、「参院選では民主党の真価が問われる。逆風といわれるが、タコは逆風の時の方が高く揚がる」と強調した。

【関連記事】
民主参院議員総会、輿石氏「一致団結を」 蓮舫氏「説明せよ」
「民の声は天の声」 小沢氏「起訴相当」でも幹事長続投を表明
「推移を見守る」 民主・輿石氏、小沢氏の潔白信じる
憲法施行63年 中国の脅威増大に対処を 集団的自衛権で同盟立て直せ
「続投」民意と逆行 首相、小沢幹事長支持を表明

平野官房長官 鹿児島へ 徳之島の町議と12日午後面会(毎日新聞)
首相、小沢氏政倫審公開「本人の意向踏まえて」(産経新聞)
B型肝炎 救済策提示見送り 政府、きょう和解協議入り表明(産経新聞)
「知事会仕分け発言は的はずれ」埼玉知事が批判(読売新聞)
アダルトショップ経営者逮捕=偽ED治療薬販売−大阪府警(時事通信)

防波堤に衣服、容疑の夫か 京都・伏見の母子殺害(産経新聞)

 京都市伏見区の市営住宅で中西真澄さん(34)と長男で保育園児の隼人ちゃん(5)の母子が殺害されているのが見つかった事件で、殺人容疑で行方が分からなくなっている夫の中西二郎容疑者(30)の車が見つかった福井県越前町の山林から約6キロ離れた海岸の防波堤で、スウェットやジーパンなどが入った袋が見つかったことが6日、分かった。京都府警は中西容疑者の服の可能性が高いとみて、DNA鑑定を進めるとともに、付近の捜索を続けている。

 府警によると、袋は1日午前11時ごろ、自動車発見現場付近を捜索していた捜査員が発見した。

【関連記事】
京都・伏見の母子殺人 不明の夫を指名手配
殺人容疑で不明の夫に逮捕状 伏見の母子殺人事件 京都府警
不明夫の車、福井で発見 京都・伏見の母子殺害
遺体に多数の刺し傷、夫の行方は? 京都・伏見の母子殺人事件 
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

谷亮子氏 参院選擁立 小沢氏「100万の味方得たよう」(毎日新聞)
首相、徳之島への移転要請=3町長は拒否へ−普天間(時事通信)
富士ソフト元課長代理を逮捕=2700万円背任容疑−大阪府警(時事通信)
河村名古屋市長 「けんかばかり」批判も 就任1年シンポ(毎日新聞)
横須賀の男性遺体、殺人と断定 捜査本部設置(産経新聞)

放鳥トキ、巣外に卵捨てる=残り2個はふ化の可能性−環境省(時事通信)

 国の天然記念物トキの野生復帰を目指し、新潟県佐渡島で、2008年以降放鳥された計30羽(1羽死亡、1羽保護)のうち、産卵していたペアの雌が22日、卵1個を巣の外に捨てた。環境省の職員は約150メートル離れた地点から観察しており、原因は分からないという。
 同省によると、このペアは08年秋に放たれた3歳の雄と、09年秋に放鳥した1歳の雌。同日午前6時20分ごろ、巣にいた雌が卵1個をくちばしで突き刺し、巣の外に捨てたという。
 このペアの卵はほかに2個確認されており、卵を抱える「抱卵」も継続。3月下旬に産卵したとみられ、順調に行けば今月中にもふ化する可能性がある。 

【関連ニュース】
放鳥トキ、産卵か=3組目、卵確認できず
放鳥トキが「抱卵」中断=求愛行動は継続
ケージ内でテン捕獲=トキ襲撃、同一かは不明
ケージ侵入の映像公開=トキ襲撃のテンか
放鳥トキの産卵確認=自然界で初めて

刺し傷、5人に計44カ所=強い殺意か、愛知一家殺傷−県警(時事通信)
学力テスト162万人参加へ=全公立校、13県で−文科省(時事通信)
対戦車用ミサイル 土手に誤発射 爆発はせず 群馬・高崎(毎日新聞)
<若年性パーキンソン病>異常ミトコンドリア蓄積が原因(毎日新聞)
校長ら2人に略式命令 東京・杉並の小6天窓転落死(産経新聞)

原中新体制「混合診療」「医療ツーリズム」などに懸念―日医会見(医療介護CBニュース)

 日本医師会は4月14日、原中勝征会長の新体制となって初の定例記者会見を開き、民主党を中心とする政権下で進められている医療政策について見解を発表した。中でも、行政刷新会議の規制・制度改革に関する分科会で検討テーマに挙がっている混合診療や医療ツーリズムの推進については強い懸念を示すなど、唐澤祥人前会長の下で行われた議論を踏襲した上で、より明確に方向性を打ち出している。

 規制・制度改革に関する分科会では、ライフ・イノベーションに関するテーマとして12の項目が挙げられている。見解ではこのうち、▽保険外併用療養(いわゆる「混合診療」)の原則解禁▽医行為の範囲の明確化(各医療スタッフなどの役割の拡大)▽医療ツーリズムに係る査証発給要件などの緩和(医療ビザ、外国人医師の国内診療)―について言及。
 混合診療については、「新しい治療や医薬品を保険に組み入れるインセンティブが働かなくなり、公的保険で受けられる医療の範囲が縮小していく」「有効性・安全性の確認されていない医療は容認できない」などの理由から、「断固反対」する姿勢を改めて強調した。
 医療スタッフの役割拡大に関連して、医師による医療行為の一部を担う「診療看護師」やナースプラクティショナー(NP)の導入が検討されていることについては、「現行の保健師助産師看護師法の下で実情に即した検討を行うべき」とした。
 また医療ツーリズムに関しては、国会答弁で長妻昭厚生労働相や直嶋正行経済産業相が経済成長を促すとして前向きな発言をしていることに対して、「足下の深刻な医師不足、看護職員不足からくる医療崩壊食い止めと地域医療の確保が最優先課題」と反論。「現時点で検討に着手することは認められない」との見解を示している。


【関連記事】
日医・原中会長が総研所長を兼務―歴代会長で初
「会員の声聞く医師会に」原中新会長が所信表明
特定看護師創設、「今後を注視」―日医
統合医療推進に「混合診療解禁の疑念」−日医
規制・制度改革分科会に「驚きを禁じえない」−日医が見解

友人や家族のパンツを食い込ませるイタズラ「ウェッジー」の写真いろいろ
<京急線>生麦駅でぼや、5万人に影響 線路歩く乗客も (毎日新聞)
<天窓事故>小学校長と教諭に罰金命令…東京簡裁(毎日新聞)
<八幡浜漁協>女性職員が顧客定期7000万円分を無断解約(毎日新聞)
<気象>東京都心に41年ぶり「遅い雪」(毎日新聞)

浅間山警戒レベル、平常に=気象庁(時事通信)

 気象庁は15日、群馬・長野県境の浅間山(標高2568メートル)の噴火警戒レベルを、火口周辺への立ち入りを規制する2から、平常の1に引き下げたと発表した。対象市町村は、群馬県嬬恋村と長野県の小諸市、御代田町、軽井沢町。
 浅間山は昨年5月27日以降、噴火しておらず、地殻変動や噴煙量、火山ガス放出量も、2008年8月の小規模噴火以前の状態に戻りつつあるという。 

懲戒処分、こんな時に重くします…大分県が通達(読売新聞)
民主・小沢幹事長「1人区で15勝以上目標」(読売新聞)
同一略称、止める手だてなし=新党たちあがれ「日本」使用で−原口総務相(時事通信)
高齢夫婦、無理心中か=札幌(時事通信)
事務系副大臣を検討 仙石氏、次官廃止し官僚起用(産経新聞)

一部サービス給付も=11年度子ども手当で−原口総務相(時事通信)

 原口一博総務相は12日、日本記者クラブで講演し、2011年度からの子ども手当満額支給(1人当たり月額2万6000円)の方法について、「まるまる子ども手当でやるのがいいか、地方の自由度を許容して(保育など)サービス給付でやるのがいいのか、組み合わせでやった方がいいのかを検討している」と述べ、現金だけではなく、行政サービスでも給付する可能性を示唆した。 

【関連ニュース】
閣僚数「17人は少ない」=省庁再編にも言及
国出先機関の仕分け、地方も参加=総務相
「苦労する」「エール送る」=首長新党に閣僚発言相次ぐ
NTT労組からの献金を返還=原口総務相
「政治家がばかでは国もたぬ」=公務員研修の訓示で鳩山首相

「葉っぱはキャベツ、根は大根?」 キャベコン展示に人気(産経新聞)
<川崎マンション火災>3歳の双子死亡、祖母は重体(毎日新聞)
不法残留の韓国人男性自殺=東日本入国管理センター−茨城(時事通信)
たちあがれ日本 憂国の石原知事 「血が煮えたぎってる」(産経新聞)
営業停止無視、客に再び食中毒…大阪の料理店(読売新聞)

咸臨丸 太平洋渡る子孫、太平洋往復150年 7日に出航(毎日新聞)

 江戸幕府の軍艦「咸臨丸(かんりんまる)」(620トン)が1860年、日本の船として初めて太平洋往復を成し遂げてから今年で150年。米サンフランシスコとの間を往復する独立行政法人・航海訓練所の練習帆船「海王丸」(2556トン)に、咸臨丸乗組員の子孫である兵庫県宝塚市武庫川町の無職、正井良治さん(62)が海洋研修生として乗り込む。出航は7日。正井さんは「昔と今の航海の違いを比較したい」と話している。【平井桂月】

 咸臨丸は幕末期の初期軍艦で、3本のマストを持つ木造の蒸気船。1858年に結ばれた日米修好通商条約の批准書を交換するため、幕府の遣米使節団が乗った米軍艦に随伴し、60年2月に浦賀港(神奈川県)を出航、3月にサンフランシスコに到着した。艦長は勝海舟で、福沢諭吉やジョン万次郎も乗っていた。万次郎以外の日本人乗組員90人余の大半は船酔いに苦しみ、技術指導のため乗っていた米国人乗組員の助けを借りた航海だった。

 正井さんの先祖は蒸気方手伝い(現在の機関士)の小杉雅之進(当時18歳)。68年に始まった戊辰戦争では旧幕府軍に参戦。明治維新後は逓信省などで海事行政を担当した。

 正井さんは今年1月、海王丸に乗り込む研修生を募集していると知って応募。研修生12人の一人に選ばれた。勤めていた塗料会社は3月19日に退職した。

 小杉が航海中につづった日記は復路のみしか残っていない。正井さんは「軍艦奉行木村摂津守らの日誌が残っている。咸臨丸の航海は38日、海王丸は30日と短い。季節も船の大きさも違うが、当時と比較して体験したい」と応募の動機を語る。

 明治維新後、咸臨丸は政府に接収され、開拓使の輸送船となったが、その偉業はその後も広く知られた。正井さんは「大政奉還で使節団はないがしろにされてしまった。大事なことを成し遂げたという歴史を知ってほしい」と願う。正井さんは今回の航海中、東京海洋大や神戸大の実習生93人に使節団のことを伝えたいと考えている。

 海王丸は7日、東京・お台場の船の科学館前岸壁を出航。5月5日にサンフランシスコに到着後、150周年記念行事に臨み、ホノルル経由で6月8日に帰国する予定だ。

【関連ニュース】
議員控室:民主「無血開城」要求 自民と攻防本格化
龍馬伝:福山雅治主演 「ガリレオ」の福田靖脚本、高精細映像で描く「平成版龍馬」
咸臨丸150年:勝海舟ら乗せ太平洋横断 幕府使節団が米国へ

「腹案」は米側に説明したのと同じ 岡田氏(産経新聞)
三菱重役員ら1億6000万円支払い=橋梁談合の株主訴訟和解−東京地裁(時事通信)
元厚生次官ら連続殺傷 死刑判決の小泉被告が控訴(産経新聞)
スーツケース遺体 男が出頭、関与ほのめかす…石川県警(毎日新聞)
「いかんともし難い」=中国の邦人死刑執行通告−鳩山首相(時事通信)

<独禁法違反容疑>ジョンソン・エンド・ジョンソン立ち入り(毎日新聞)

 使い捨てコンタクトレンズ最大手「ジョンソン・エンド・ジョンソン」が、自社製品の取扱販売店と取引する際、広告に価格を明示しないことを条件とし、適正な価格競争を制限している疑いがあるとして、公正取引委員会は30日、独占禁止法違反(不公正な取引方法)の疑いで、東京都千代田区の本社や営業所など全国約10カ所を立ち入り検査した。

 関係者によると、ジ社は昨年12月以降、「ワンデーアキュビューモイスト」など使い捨てコンタクトレンズに関する取引について、独禁法が禁じる「拘束条件付き取引」に当たる疑いが持たれている。価格を明示しないことで他社製品と比較されにくくなり、自由な値引き競争をしづらくし、価格を維持する狙いがあったとみられる。販売店は「特別価格」などと表示しているという。

 コンタクトレンズの国内市場規模は07年度で約1700億円。うち「使い捨て」は8割強で、ジ社は5割以上のシェアを占めているという。ジ社のウェブサイトによると「アキュビュー」は世界初の使い捨てコンタクトレンズ。

【関連ニュース】
多摩下水道工事:公取委の「談合認定」取り消し 東京高裁
公取委:山梨の30社に立ち入り…県発注工事で談合の疑い
官製談合:空自で 公取委が改善措置要求へ
EXILE:MAKIDAIとTAKAHIROが爽快感を表現 「ロートジー」CM
東京・多摩地域の下水道談合:認定を否定 4社課徴金取り消し−−東京高裁判決

国家公務員の懲戒28%増、「ヤミ専従」影響(読売新聞)
日本の森と水、むさぼる外資 埼玉や山梨でも買収打診 取引、10年前の倍以上(産経新聞)
独法人件費アップを否定=一部報道「誤報だ」−近藤経産政務官(時事通信)
停電の原因ケーブル、駅構内無線ネット用(読売新聞)
<水俣病>和解成立 熊本地裁で不知火患者会(毎日新聞)

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
リンク
自己破産
現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化
クレジットカード現金化
現金化
クレジットカード現金化
カードでお金
selected entries
archives
recent comment
  • 衣替え 「まだ少し寒い」…装いはもう夏 名古屋(毎日新聞)
    みっくみく (08/27)
  • 衣替え 「まだ少し寒い」…装いはもう夏 名古屋(毎日新聞)
    志波康之 (01/15)
  • 衣替え 「まだ少し寒い」…装いはもう夏 名古屋(毎日新聞)
    ガトリング白銀 (01/09)
  • 衣替え 「まだ少し寒い」…装いはもう夏 名古屋(毎日新聞)
    オリンキー (01/02)
  • 衣替え 「まだ少し寒い」…装いはもう夏 名古屋(毎日新聞)
    サキューン (12/28)
  • 衣替え 「まだ少し寒い」…装いはもう夏 名古屋(毎日新聞)
    ポリエモン (12/19)
  • 衣替え 「まだ少し寒い」…装いはもう夏 名古屋(毎日新聞)
    モグモグ (12/16)
  • 衣替え 「まだ少し寒い」…装いはもう夏 名古屋(毎日新聞)
    ばきゅら (12/07)
  • 衣替え 「まだ少し寒い」…装いはもう夏 名古屋(毎日新聞)
    ちんたまん (12/03)
  • 衣替え 「まだ少し寒い」…装いはもう夏 名古屋(毎日新聞)
    ポコラーニャ (11/25)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM